「Sony α7C vs α7III vs α6600」サイズ対決!|もうAPS-Cはいらない!?

Sony a7III vs Sony a7C Camera Size Comparison 2

こんにちは、オモカゲ(@omokage_daisuke)です。

待望のSony新型フルサイズ機「α7C」について「sony alpha rumors」が「α7III」と「α6600」とのわかりやすいサイズ比較をしていますので紹介します。

高さだけでなく、厚みもスリムになっています。

<スポンサーリンク>

「α7C vs α7III vs α6600」ガチンコSonyサイズ対決!

まずは新旧フルサイズ対決「α7C vs α7III」です。

Sony a7III vs Sony a7C Camera Size Comparison Sony a7III vs Sony a7C Camera Size Comparison Overlay

α7C「幅124.0mm 高さ71.1mm 厚み 59.7mm」

α7III「幅126.9mm 高さ95.6mm 厚み 73.7mm」

高さもさることながら、厚みがかなりスリムになっていることが分かります。

次は新型フルサイズと最新APS-C機対決「α7C vs α6600」です。

Sony a6600 vs Sony a7C Camera Size Comparison Sony a6600 vs Sony a7C Camera Size Comparison Overlay

α7C    「幅124.0mm 高さ71.1mm 厚み 59.7mm」
α6600「幅120.0mm 高さ66.9mm 厚み 59.0mm」

ということでほとんど変わりないサイズ感です。

フルサイズの大きさを嫌ってAPS-Cを使用していたユーザーにとっては衝撃のコンパクトさですね。

そして噂ではα7Cの重さは509gで、α6600が503gであることを考えればもうAPS-Cの優位性はレンズがコンパクトであることと価格くらいしかなくなってしまいます。

これ、事実上のAPS-Cキラーですよ!

しかし動画性能はまだわからない!

このコンパクト&軽量なα7Cはスナップ写真や動画撮影において重宝されそうですが、その動画性能に関してはまだ信頼できる情報は漏れてきていません。

可動式スクリーンを搭載するなどVloggerやYouTuberをターゲットにしていることは間違いないでしょうから、驚くような進化に期待したいですね。

<スポンサーリンク>

コンパクトフルサイズ「α7C」の発表は2020年9月15日!

新コンセプトの「α」が発表されるのは2020年9月15日(火曜日)10時

発売は11月頃でしょうか。

楽しみに待ちましょう!!

【噂】Sony新型フルサイズの信頼できる情報(2020年9月)

  • α7IIIと似た機能も持っている(SARによる注:おそらくは24MPセンサーとAF精度について)
  • α7s III同様のスクリーン
  • ボディサイズはα6600にEVFも搭載
  • VloggerやYouTuberをターゲットとしたカメラ
  • バッテリーはNP-FZ100
  • USBタイプC
  • シングルSDカードスロット
  • マイクとヘッドホン両方のジャックあり
  • Wi-Fi (11a/b/g/n/ac)とBluetooth
  • α7IIIより高い値段(2,100ユーロ)
  • 新しいコンパクトレンズラインも発表(コードは”V”)
参照サイト:SAR(sony alpha rumors)

【噂】SONY新型フルサイズ「α7c」の全体画像とスペックの一部がリークされる!

2020-09-11

【噂】Sonyの小型フルサイズ α5(or 6)が凄すぎる!?【動画スペック】

2020-08-13

それでは、オモカゲ(@omokage_daisuke)でした。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600

ソニー SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600

158,220円(09/23 14:49時点)
Amazonの情報を掲載しています
ソニー ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

ソニー ミラーレス一眼 α7 III ボディ ILCE-7M3

212,200円(09/23 16:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!