GoPro Hero 9が発表&即発売!今度のゴープロは何でもできる万能型!!

スクリーンショット 2020 09 16 23 13 50

こんにちは、オモカゲ(@omokage_daisuke)です。

2020年9月16日に待望のGoPro Hero9が発表されました!

多くのサプライズに満ちた発表であり、そして発売日にもびっくりです!

<スポンサーリンク>

GoPro Hero 9の衝撃!

まず個人的に「GoPro Hero 9」の目を引くところを列挙していきます。

とうとう突入した「5K」の世界!

スクリーンショット 2020 09 16 23 14 05

5Kなんていらないよ、という声も聞こえてきますが、いやいや、いります!

今回のGoProが5Kに対応したことで、トリミングやクロップング耐性が上がり、ポストプロダクションの幅がグーンと広がりました。事実上、本格的な4K時代の到来なのです。

バッテリーが30%アップ!

スクリーンショット 2020 09 16 23 14 19

性能の向上に出遅れ気味だったバッテリー容量ですが、これだけ大幅にスペックアップしていながら前モデルから30%の向上。バッテリー持ちとコンパクトさはトレードオフの関係とも言われますが、ここでも着実な進化を見せてくれました。

デュアルモニターで自撮りもOK

スクリーンショット 2020 09 16 23 14 29

そして今回のアップデートで最も目を引くのが、待望の前面カラーモニターです。これまで自撮りの際には勘か、それともモジュラーディスプレイを外付けする必要がありましたが、これで全てが解決。

とうとうYouTuberやVlogerもこれで完結できます。

自動水平機能!!

スクリーンショット 2020 09 16 23 14 41

いやー、個人的にこの文字が躍り出たときには声が出ました。これですよ、これ。

アクションカムの場合はヘルメットに装着したり、カバンにくくりつけたりと様々な用途がありますが、それだとどうしてもカメラの水平が確認できずに困るケースがありました。これはアクションカムの宿命ともいえるもので、これを嫌ってOSMO POCKETやGoPro MAXに流れたユーザーもいるほど。

しかしこのGoPro Hero9ではビルトイン!

詳細はまだわかりませんが、おそらくはGoPro MAXに採用していたシステムを利用しているのだと思います。例えば5Kで撮影しながらトリミングして水平にするという感じでしょう。

すばらしいです!

マウント内蔵!

スクリーンショット 2020 09 16 23 15 11

そしてGoProマウントへの本体から直接の接続が可能になりました。もうケースに入れる必要がないのです。

発表後即発売という新スタイル!

スクリーンショット 2020 09 16 23 46 36 1

そして最大のサプライズが、発表後即発売開始というスタイル。

9月16日に発表して発売は翌17日ということです。従来は発表から発売まで3週間ほどあったのですが、GoProにはコロナも関係なかったのでしょうか。

そして公式サイトから購入するとサブスクリプションとSDカードがついて、なんと4万3000円という価格。

同時に公開されたYodobashi.comでは6万4900円という値付けなので、めちゃくちゃお得です。

到着はヨドバシと比べると遅れるかもしれませんが、この割引からGoProの本気を感じますね。

私も早速ポチったので早く到着して欲しいです。

またレビューもここで公開しますのでYouTubeチャンネル共によろしくお願いします。

それでは、オモカゲ(@omokage_daisuke)でした。


この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!