【噂】Sonyの小型フルサイズ α5(or 6)が凄すぎる!?【動画スペック】

A5

α7s IIIの予約も開始され、Canonの反撃も見事に回避したかに見えるSonyですが、ここへ来てすごい情報が出てきました。

長く噂されるEVFを省略して小型化したエントリーレベルのフルサイズ・ミラーレス「α5(or 6)」に関する動画スペックが「sony alpha rumors」に掲載されました。

もちろん存在するかも確かではない話ですが、興奮もんです。

<スポンサーリンク>

これまでのSony α5(or 6)の信頼できるスペック【噂】

  • 2020年9月半ばに発表予定
  • バッテリーは大型タイプのNP-FZ100
  • USC type-Cを搭載
  • SDカードスロットはシングル
  • マイク用とヘッドホン用の二つのジャックを搭載
  • Wi-Fiとブルートゥース搭載

とこれまでの噂はこんな感じです。まあ新型カメラなら当然というスペックですが、個人的にはマイクとヘッドホンの両方に対応しているのは嬉しいです。ここからもビデオ撮影も重要視していることが伺えます。

新しいSony α5(or 6)のスペック【噂】

で、ここからが新しい情報で、こっちがすごいんです!

  • α5000番台、6000番台を踏襲した新しいデザインで、メタルとプラスティックを使用
  • 大型バッテリーのためグリップ部分が大きくなる
  • 5fpsに対応
  • 手ぶれ補正機構(ibis)あり
  • ポップアップ・フラッシュはなし
  • ポップアップ式EVF770.000ピクセル(2.3M-Dots) 0.6倍率を搭載
  • α7s III同様のタッチスクリーン
  • 4k 24p 10bit 100mbps、4k 30p 10bit 100mbps、そして50/60p 4kも音声なしクロップのスロー&クイック・モードで使用可
  • お値段1000ドル(約11万)ほど。

と、超絶進化です。

<スポンサーリンク>

Sony α5(or 6)の噂が凄すぎて半信半疑

まずバッテリーの大型化に対応するためグリップが大きくなるのはデメリットどころかホールディングが改善されるので嬉しいところ。

そして5fpsに対応ということで、流石に防犯カメラに使うことはないでしょうが、SNS向けに使えそう。

そしてエントリーレベルながら手ぶれ補正が付いているなら、もう買い。

ポップアップフラッシュも使わない人の方が多そうだし、EVFもRX100シリーズ同様にポップアップ式として残されるのはフォトグラファーには嬉しいところ。やっぱり昼間の炎天下ではスクリーンは見えづらいから。

タッチスクリーンに至っては、そこまでしてくれなくても、と謙遜してしまうほど。

そして動画機能はなんと10bitに対応! 長くSonyミラーレスの欠点とも言われたグレーディング耐性がエントリーレベルから改善されるとなれば、上位機種のα7IIIからも流れてくるユーザーが出てきそうです。

と、この噂はあまりに凄すぎて、これを期待すると現実に落胆しかねないですが、もし実現されたらα7III以上の新規ユーザーを獲得できるのではないでしょうか。

Sony α5(or 6)の発表は9月?

まだ噂のレベルで、公式に開発が公表されている機種でもありませんが、Sonyがミラーレス市場において他社を圧倒するのなら、最も売れるエントリーレベルでの掘り起こしは急務。

また次期スタンダードモデル「α7Ⅳ」が噂にもならない段階で、他社が先んじて発売するCanon RPやNikon Z5やSigma FP、そして噂されるPanasonicのLUMIX S5といった小型エントリーモデルのフルサイズ機に対抗する機種がどうしても欲しいところ。

Sony α5(or 6)はまさにそんな機種と言えます。

現時点では2020年9月半ばの発表が期待されています。

これは待ち遠しいですね。

出典:sony alpha rumors

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

130,000円(09/24 07:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!