ナイキ「エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGE」をレビュー!|幻の五輪モデル!?

こんにちは、オモカゲ(@omokage_daisukeです。

今回はナイキの限定モデルスニーカー「エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGE」のご紹介。

カラフルなスニーカーに「隠されたメッセージ」とは?

<スポンサーリンク>

名品「エアマックス90」の30周年モデル「2090」

2020年に発売された「エアマックス 2090」とは、スニーカー史においての画期的だった「エアマックス90」の30周年モデル。「過去を未来へつなげよう」を合言葉に、「エアマックス90」をベースに最新のテクノロジーと現代的なスタイルを取り入れたもの。

今回紹介するのはそんな「エアマックス 2090」のバリエーション「HIDDEN MESSAGE」。

「隠されたメッセージ」つまり「暗号」を意味するこのスニーカーは、そもそも「エアマックス90」の30周年に開催されるはずだった東京五輪を「隠された」モチーフとして取り入れたモデルながら、その五輪はコロナのために延期に。

隠していたものがそもそも存在しなくなるという、皮肉なスニーカーなのです。

「エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGE」の細部

 

まず箱の中に入っているのは、靴本体と予備の靴紐。

デフォルトでは黒紐が付いていて、靴紐の先端についたプラスティックの鳩目は、黒がゴールド、白が赤となっています。

アッパー部分がカラフルで、ソールは白と黒のモノトーン。

上から見ると、赤、青、黄色、緑、黒の五輪カラーが配色されていて、この「エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGE」が隠れた五輪モデルということがよくわかります。

 

ポイントとして各所に展開されたゴールドが目を引きます。

デザインはベースとなっている「エアマックス 90」と似ていますが、フォルムデザインやそのほかの細部には未来的な要素が盛り込まれています。

特に厚底トレンドを取り入れたソールのエア部分は顕著。

バックステイとソールはエナメル質になっていてホールド感が良さそうです。

ソール裏はエアが詰まった部分が盛り上がる厚底ぶり。

<スポンサーリンク>

スニーカー本体にも隠されたメッセージが?

このスニーカーには興味深い仕掛けが隠されています。

靴の両サイドに、アッパー上部のメッシュ加工とは違う、流れる黒のラインがあります。実はこの部分を剥がすと、ゴールド、シルバー、ブロンズのいずれかのカラーが顔を出す仕掛けになっています。

三種のカラーリングは剥がしてみないと分からないということで、買ってすぐに剥がすもよし、本当の姿が見えるまで使い込むよし、まさに「隠されたメッセージ」を持ったスニーカーです。

着脱がスムースでフィット感も抜群

ベロとヒール部分に指通しがあるため、着脱のスムース。

そしてカラフルながらも落ち着いた配色となっているため、シンプルなパンツと相性が良さそうです。

エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGEの評価

発売からまだ日が浅いエアマックス 2090ですが、争奪戦に参加することなく手に入りやすいモデルとなっています。

しかし、エアマックス90発売から現在までの30年というのは、そのままハイテクスニーカーの歴史と重なるわけで、まさにスニーカー文化を体現する一品といえるでしょう。

そしてこの「HIDDEN MESSAGE」は幻となった2020年五輪をモチーフにした曰く付きということもあり、一つは持っておきたいモデルではないでしょうか。

「HIDDEN MESSAGE」シリーズは2090の他にAIR MAX 95(エアマックス95)、AIR FORCE(エアフォース)でも展開されています。

デザインと機能、そして歴史と意味が詰まった不思議なスニーカー「エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGE」を紹介しました。おすすめです。

紹介した商品のリンク:エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGE

こちら(↓)が本記事の動画になりますので、ご登録含め、よろしくお願いします

それでは、オモカゲ(@omokage_daisuke)でした。


この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!