ジョーダンエア ケイデンス「Fragment」レビュー|藤原ヒロシ・コラボスニーカー

DSC02936

こんにちは、オモカゲ(@omokage_daisuke)です。

今回は「エアマックス 2090 HIDDEN MESSAGE」の紹介に引き続き、スニーカーレビューです。

<スポンサーリンク>

ジョーダンエア ケイデンス「Fragment」とは?

90年代後半が青春だった筆者にとって「ストリート」という響きには格別な思いがある。

バスケ、ジーパン、スニーカー、それらブームは「ストリート」から支持された文化だった。

今回、無事に購入することができたジョーダンエア ケイデンス「Fragment」とは、まさにその時代の「ストリート」を象徴するかのようなスニーカーだ。

DSC02948

現役を退いてからも存在感を増していくジョーダンブランドとは、「裏原宿」が死語になった世界でもルイヴィトン、スターバックス、ナイキと数多くの世界的ブランドとコラボレーションが絶えない藤原ヒロシの存在感とどこか似ている。

そんな両者のコラボレーション。

DSC02934

同時に発売された真っ白なエアジョーダン3とのコラボシューズは買えなかったが、実はカラーリングやデザインなど日常で履き続けるのはこっちのケイデンスの方が本命だった。

かかとのビジブルNike Airテクノロジーは十分な厚さだ。

DSC02938

かかとにプルタブから、足入れも簡単ですぐに「ストリート」へと繰り出せる。

DSC02941

一歩待ちあげると野暮ったくなりがちなメッシュなアッパーも、リペア模様のパッチワークがいいアクセントになっている。

DSC02950

エディター「藤原ヒロシ」の仕事だからこそ

筆者にとって藤原ヒロシを客観的に理解できるきっかけとなったのは、川勝正幸さんによる「丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記」を読んでからだ。

高校生の頃は、藤原ヒロシの影響を自覚さえしていなかった。

仮に自覚していても、藤原ヒロシ本人がクリエーターとしてのオリジナルティを公言することを意識的に避けていた以上、それを意識することは「非藤原ヒロシ的」とまで考えていたように思う。

しかし稀代の編集者だった川勝正幸さんが評するように藤原ヒロシを「時代をエディットする男」という編集者として認識することで、自然とその影響を自認することができた。

DSC02954

このスニーカーもまた「藤原ヒロシ・デザイン」としてでなく、「藤原ヒロシ・エディション」だと思うと途端に欲しくなってしまう。きっとそういう作用があるからこそ、コラボレーションの指名が絶えないのだろう。

こちら(↓)が本記事の動画になりますので、ご登録含め、よろしくお願いします

丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記

丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記

川勝 正幸
8,930円(06/17 17:25時点)
Amazonの情報を掲載しています
Hiroshi Fujiwara: Fragment, #2

Hiroshi Fujiwara: Fragment, #2

Fuijwara, Hiroshi
4,815円(06/17 07:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!