ファミマの絶品スイーツ『スフレ・プリン ティラミスカフェ』が最高だった!

DSC02828

こんにちは、オモカゲ(@omokage_daisuke)です。

ファミリーマートの新商品スイーツ『スフレ・プリン ティラミスカフェ』を思わず買ってしまったので、レポートします。

見た目通り、めちゃくちゃ美味しかったです。

<スポンサーリンク>

ファミマの新商品『スフレ・プリン ティラミスカフェ』

ファミリーマートの人気スイーツ「スフレ・プリン」にティラミスを加えた『スフレ・プリン ティラミスカフェ』を買ってしまいました。

外は雨で蒸し暑い、そんな日には家で甘いものでも食べてまったりしたいもの。

そう自分に言い聞かせながら、蓋を開けます。

DSC02834

小柄なわりずっしりとした重さもあるのに、ちょっと揺らすとスフレも揺れる繊細さ。

ティラミス風味のスフレはふんわり系チーズケーキのような味わい。そして下層にはビター&スイートなコーヒーソースがたっぷり詰まっています。

交互に食べてもよし、一緒に食べてもよし。

これは人気になるのも頷けます。

『ティラミス』は死なない!

今から約30年前、ティラミスが日本に紹介された当時、「怪獣みたいな名前だな」とオモカゲ少年は思ったものです。

そして『ティラミス』は瞬く間に日本中で大ブームを巻き起こし、ファミレスに行ってもハンバーグを食べずティラミスを注文する若者で溢れました。

しかしブームのサダメ。

熱しやすく冷めやすいバブリーな人々は突如登場した謎の物体「ナタデココ」に乗り移っていくのです。

「ティラミス」から「ナタデココ」へ。

「チラ見せから股でここへ」

…….

それから約25年。

ナタデココ特需によって原産地のフィリピンは一時的に活況を呈するも、ブームが去ったことで熱帯林の伐採と酢酸の廃棄による環境ダメージと、大量の失業者を出すことになります。

一方、消えたように見えた「ティラミス」は「ナタデココ」とは違い、完全に消滅してはいませんでした。

ファミリーレストランや町のケーキ屋さんでしぶとく生き残り、こうやってファミリーマートの新商品としても再評価されるのです。

とまあ、そんな感傷に浸りながら食べなくても最高に美味しいファミマの新商品『スフレ・プリン ティラミスカフェ』。

おすすめです。

こちら(↓)が本記事の動画になりますので、ご登録含め、よろしくお願いします

それでは、オモカゲ(@omokage_daisuke)でした。

たっぷりティラミス(約21x7cm) コストコベーカリー

たっぷりティラミス(約21x7cm) コストコベーカリー

2,717円(09/23 17:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!