[ジョージア] メスティア 秘境の入り口と氷河の森

アルメニアと未承認国家ナゴルノ=カラバフを訪れた後、再びジョージアのトビリシに戻ってきました。それもこれもアルメニアはアゼルバイジャンとだけでなく、トルコとも国境を閉ざしているため。

ジョージアに再入国し、北西部のスワネティ地方へと向かいます。

目的地はアッパー・スワネティ地方の町メスティアです。

<スポンサーリンク>

メスティアへの行き方

ジョージアの首都トビリシからメスティアへ向かう方法は3つ。

一つは飛行機でメスティアの空港まで飛んでしまう。これが最も楽な手段だが、欠航も多く事前の確認を忘れずに。

二つ目がバス。トビリシからメスティアまでバスで行き方法。値段は最も安い手段だが、途中からは曲がりくねった山道を走ること約10時間。バスはカズベキやムツヘタと同じディドゥベ駅近くのターミナルから早朝7時ごろに出発。値段は30-40ラリ。

僕は朝から晩までバスに乗っていられるほど若くない。

ということで三つ目の手段となる列車とバスの合わせ技を使いました。

まずトビリシから夜行列車に乗ってメスティアに近いズグディディという街まで行き、そこからバスでメスティアに向かうルート。これだと一晩横になって眠って、昼前にはメスティアに着くことができます。

列車はトビリシ中央駅から夜9時40分ごろに出発し、ズグディディには翌朝6時ごろ着。列車を降りるとすぐにメスティア行きの客引きが近寄ってきます。

夜行列車は一番安い寝台で20ラリ(約900円)で、ズグディディからメスティア行きのバスも20ラリでした。バスの所要時間は3時間ほどです。

DSC03631

メスティアの宿

メスティアは秘境ウシュグリへの起点というだけでなく、トレッキングやスキーも楽しめるため観光地として整備されています。ホテルからレストランまで一通り揃っているので不便はありません。

ゲストハウスも数多く、ほとんどで食事の提供もしています。

DSC03777

スワネティ地方の食事も美味しくて有名なので、家庭料理を食べるチャンスです。

僕は泊まった宿は一泊40ラリで二食付きでした。

<スポンサーリンク>

メスティア近郊の氷河へ行く

スワネティ地方には独特の風習と文化が残っていて、その象徴とも言えるのが町中に並び立つ不思議な塔。「復讐の塔」とも呼ばれるそれは、かつて近隣からの襲撃から一家を守るための防御塔、もしくは物見台として作られてと言われています。

DSC03775

メスティアにも多数の塔がありますが、大きさや古さを考えると次に行く予定のウシュグリが本場とも言えるので、メスティアでは他のアクティビティをすることに。

メスティアの中心にあるツーリストインフォメーションの情報で、市中から10kmほど離れたところに氷河あって、トレッキングとしても人気があるというので行ってみることに。

10kmくらいなら散歩がてら行こうと思って歩き出した矢先に、一台の車が止まる。

「グレイシャー?」

「YES」

ということで乗せて行ってくれることに。

聞くとドライバーはトルコ人で氷河近くの工事現場でマネージャーをしているとのこと。ちなみに指も立ててないのに、車の方から止まってくれてメスティアまで送って行ってくれました。めちゃくちゃ親切です。

DSC03679

氷河へのトレッキングは平坦な森の中を進む気持ちのいい道中です。植生が興味深く、松の木の立ち枯れが多く見えました。

DSC03691

実は僕を乗せてくれたドライバーが働いている現場とは、この氷河の近くにある川で、現在巨大なダムを建設中。うーん。関係あるのかな。

お目当の氷河までは1時間ちょっとで到着。しかしツーリストインフォメーションで見たような麓までせり出してくるような氷河はなく、山の奥に後退していました。

DJI 0032

それでもトレッキングはとても気持ちがいいのでオススメです。

では次回、ウシュグリへ行きます。

バルカンの花、コーカサスの虹

バルカンの花、コーカサスの虹

蔵前 仁一
1,980円(09/23 19:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!