ツインバードのハンディーサイクロンクリーナーは必要十分な吸引力だった!【レビュー】

DSC02670

こんにちは、オモカゲです。

日本の夏はいつからこんな風情もへえったくれもない暴力的な暑さになってしまったのかと憤慨する毎日です。

さて、コロナの影響で日本に帰国し、溢れる荷物を避難させるべく借りた家賃1万8千円の部屋。そこが思いのほか広かったこともあり、荷物置き場として放置するのではもったいなく、それならばここをYouTubeスタジオ化しようと思い立って早1ヶ月。

撮影周りは小慣れてきたものの、未だスタジオと呼ぶにはおこがましいオンボロぶり。

DSC02674

この部屋、借主のオモカゲよりも年長な木造住宅だけあって、壁には木目調の板が貼り付けられているものの、それは元の姿である砂壁を隠すため。

DSC02676

そのためゴミは出さずとも、部屋自体がゴミを自動生成する構造になっており、古びた畳の上に敷かれたカーペットを叩くと砂が舞い上がる始末。

これじゃいかん、ということでAmazonで掃除機をポチった次第です。

<スポンサーリンク>

ツインバードのハンディーサイクロンクリーナー「HC-E243SBK」を買った!

スクリーンショット 2020 08 06 9 10 30

部屋が広い(全体で約15畳くらい)とは言え、毎日使うわけでもなく、身の回りのゴミを吸い取ってくれればそれでいいということで、据置タイプの大きなものではなく、ハンディータイプのコンパクトな掃除を探していて、見つけたのがコレ。

ツインバードとは電気製品を格安で製作する中華メーカーのようで、掃除機では安くても一定の評価を受けている印象。

話半分で聞き流すべきですが、Amazonのレビューでも評価は多く、お値段も税込みで3千円を切る安さ。

早速、開封してみましょう。

箱は軽くて、中身もシンプルの極み。

スクリーンショット 2020 08 08 18 25 14

本体と、サッシや溝の掃除で使う吸口と、部屋用で使う吸口の二種類が入っているだけ。

備品はそれだけで、フィルターやスポンジも本体に備え付けられているだけなので、箱から出してコンセントに繋いで電源を押せば、ウィーンと即使用可能。シンプルすぎる構造なので、説明書なんて捨てちまえ(保証書にもなってるので捨てちゃダメ)。

スクリーンショット 2020 08 08 18 25 55

大切なのは吸引力、その結果は?

掌を吸引口につけてみると、しっかりと吸い付いてくれます。

しかし据え置きタイプのものと比べると明らかにパワー不足。これをどう捉えるかですが、個人的には最近の掃除機のパワーは過剰だと思います。床に落ちてるものなら紙でもビニールでも何でも最後まで吸い込むだけのパワーはオモカゲには必要ないです。

なまじ領収書とか吸い込まれて、ゴミまみれのダストケースに手を突っ込むなんてのは無粋もいいとこ。

一方このハンディクリーナーは、紙切れやビニール袋を吸引しても口で止まるので、処理が簡単。ダストケースまで吸い込むほどの力はありません。これくらいがちょうどいいです。

<スポンサーリンク>

ハンディーサイクロンはワンルームにおすすめ

ということで買ったばかりで耐久性に関してはまだ未知数ですが、コンパクトで小回りの効く掃除機をお探しの方にはおすすめできる製品だと思います。

ただ強力な吸引力をお求めの方や、複数の部屋の掃除に使う予定の方は、充電式の据え置きタイプをおすすめします。本製品のコードの長さは5メートルでワンルームでの使用にも問題ないですが、複数の部屋を跨いで使用する場合、いちいちコンセントを抜き差しするのは面倒です。それに吸引力に関しては何でも吸い取れるわけではなく、チリやホコリといった日常的なゴミ取りを念頭においた商品だと思いました。

一方で身の回りのゴミをさくっと取り除きたいというカジュアルな使用に関しては不満なく使えると思います。

カーペットの隙間に入り込んだ砂やホコリも吸い込んでくれます。

スクリーンショット 2020 08 08 18 26 48

またダストケースが小さいため一度の掃除でゴミを処理する必要があると思います。ものぐさには面倒でも、その方が衛生的なのでデメリットとも言えないでしょう。

ということでエアコンも買って、掃除機も買って、あとはキッチン周りと作業スペースを確保できれば、YouTubeスタジオ化計画の目処もつくかなと思っています。

こちら(↓)が本記事の動画になりますので、ご登録含め、よろしくお願いします

それではオモカゲでした。


この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!