[トルコ] シヴァス この旅、最高の食事とハマムを堪能!

トカットの散策を終え向かったのはトルコ東部アナトリア地方のシヴァス。ローマ帝国の時代から交易の中継地として重要な役割を担った街で、ウル・ジャミイをはじめ歴史的建築物が多く残る。

そして美食の街としても知られ、この旅で最高に美味しい食事と、安くてフレンドリーなハマムを堪能しました。

<スポンサーリンク>

シヴァスへの行き方

シヴァスは東部アナトリア地方のシヴァス県の県都だけあって、イスタンブールをはじめ各地からバスが走っている。

黒海のトラブゾンからも夜行バスが出ていて、所要時間は約9時間です。

シヴァスのバスターミナル(オトガル)は新しく広々として使いやすい。

また空港もあったイスタンブールから直行便もある。イスタンブールのアタチュルク空港からシヴァスのヌーリ・デミラー空港まで1時間半のフライト。

シヴァスの見どころ

セルジューク朝時代からの歴史建造物が町の中心の広場を形成している。

DSC04112

特にトルコでもたった二つしか存在しない2本のミナレットをもつジャーミー(モスク)には細密な石彫りの装飾が見られる。

DSC04159

この一帯は市民の憩いの場所にもなっていて夕方には立ち話に興じるシヴァス市民の姿が多く見られる。

またシヴァス近郊のディヴリーイという町には世界遺産にも登録され、イスラム建築の到達点とも言われる「ディヴリーイの大モスクと病院」もあるが、2018年11月時点では大規模な改修工事が継続中。見学できるエリアが制限されている。

<スポンサーリンク>

最高のハマムで旅垢を落とす!

シヴァスはトルコ史的にも重要な街で見どころにも恵まれているが、他の観光地と比べるとずっと穏やかで過ごしやすい雰囲気があります。

DSC04116

居心地のいいゲストハウスでもあれば長居してみたい街です。

その理由にこの町には最高の食事とハマムがあるんです。

ハマムとはトルコ風のスーパー銭湯としてイスタンブールやギョレメではツアーが組まれたりもしますが、そもそもは市民の憩いの場所。観光客向けの値段がインフレするイスタンブールとは違って、安くて、そして素晴らしい設備のハマムが堪能できます。

僕は訪ねたのは「Kursunlu Hamam」というところ。ここは16世紀に建てられ食塩の貯蔵庫として使われていた建物を改装して今に至る。

DSC04174

入場料(サウナ使用)にプラスして石鹸マッサージとアカスリの全盛りで、40リラ(800円)ほどでした。スタッフも親切で、設備も最高です。ちなみに女性用のハマムも併設しています(中はもちろん別々)。

この旅、最高の食事

そしてシヴァスは美食の街ということも忘れずに。

ここにはキョフテと呼ばれるハンバークが有名。シヴァスは標高が高く、そこで育った牛や羊の肉は身がしまってジューシーなんだとか。

ということで夕食はガイドブック「ロンリープラネット」に紹介されていた「Sema Hanimin Yeri」というレストランへ。

ここはセナさんというお母さんとその息子さんが営む、レストランというよりロカンタと呼びたくなるようは庶民的な場所。しかしお客さんの多くは若い学生が多く、一人でも入りやすい雰囲気。

僕は息子さんのオススメに従って、ナッツと香辛料で味付けしたキョフテと鶏肉のクリームスープを注文。

DSC04186

そしてまず鶏肉のクリームスープを食べると思わず唸ってしまいました。

めちゃくちゃうまい。チョルパと呼ばれるトルコのスープは朝ごはんの定番で、僕も何度となく食べていますが、はっきり言ってここがナンバーワンです。

DSC04187

そしてメインのキョフテも申し分なし。

何より嬉しいのが、これだけ食べてもたった35リラ(700円)ということ。スープは出来合いですが、キョフテは注文してから調理してくれてこの値段です。

セナお母さんも息子さんもとても親切で、言葉はうまく通じなくともここに来たら美味しい料理で出会えること間違いなしです。

DSC04188

シヴァスは最高のハマムと最高の食事が味わえる穴場都市でした。


この記事を発信します。
<スポンサーリンク>

【運営者プロフィール/Profile】

ロケーション・マネージメント、(主に海外の事情や旅行関係の)執筆から撮影、フォトグラフィックデザインを生業とするフリーランス。訪れた国の数は約80、仕事で長期滞在した国はマレーシア、インド、アルジェリア、ベナン、ベルギー、フランス。コロナの影響で久しぶりに日本に帰ってきました。ご入用の場合は問い合わせページより連絡ください。




旅の青春小説
ユーラシア365 中国・チベット編

飛行機を使わずにユーラシア大陸の果てまで行けるだろうか……。
新時代の春、 <僕>はフェリーに乗って長い旅に出た。急成長を遂げる中国を舞台に、怪しい旅人との出会い、自由の高揚と旅の感傷、チベットの光と影、そして一生に一度のそれぞれの旅……。
青春の影を引き連れて、365日にわたる大陸横断の旅が今、はじまる!